2019年、令和最初の田植え

本日は、田植え日和。涼しい風の吹き抜ける曇天です。
大黒正宗で使用している酒米『兵庫夢錦』の契約農家さんへ、安福又四郎商店の社長やスタッフ、特約酒販店や料飲店の店主様、JAの皆様と田植えにお邪魔させていただきました。

『兵庫夢錦』は、兵庫県が誇る酒米『山田錦』の孫にあたる酒造好適米。

大黒正宗では、みずみずしい味わいを豊かに感じやすい「吟醸しぼりたて」「吟醸なまざけ」などで使わせていただいており、うちになくてはならない大切なお米です。

兵庫県の夢前町にひろがる酒米の田んぼに田植え機が進んでいくと、カエルやおたまじゃくしが慌てて逃げ惑っていきます。

弊社のお祭り男も参戦!

社長も乗せていただきました。

田植え機が入れない場所を手植えしていきます。

長靴で踏み出すときは、斜めに入れて斜めに出すと抜けやすいとの事。まっすぐ踏み込むと足が抜けません…

油断していると足が抜けずにバランスを崩します。笑

(全員)「あーーーーーーーーー!!!」

そして、お楽しみのおにぎりタイム…!!(もはやこのために来たのかと言っても…)

大黒正宗がお客様の手もとに届くまでに関わる、たくさんの方々。ゆっくりお話できる時間もありがたいです。


そして、5升(!)ものお米を炊いておにぎりをご馳走してくださったおかあさん達。

お漬物もめちゃめちゃ美味しかったです。本当にありがとうございました!!

…次にお伺いさせていただくのは稲刈りですが、それまでの長い時間、倒れやすい酒米を手間ひまかけて育ててくださる農家の方々には頭が下がります。

今年もいいお米に育ってくれますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

神戸・灘五郷の酒蔵│株式会社 安福又四郎商店

1751年創業。神戸の灘五郷で日本酒「大黒正宗」を醸す酒蔵、株式会社安福又四郎商店の公式サイトです。〝絶品の食中酒〟と評される酒造りの様子や、購入や試飲ができるお近くのお店、酒蔵の直売所「十一代目 又四郎」を紹介しています。